正しい手洗い方法

作業従事者の手指からの汚染は、
食中毒の主要因の一つです。
手洗いは、正しいタイミングに、
正しい方法で行いましょう。

手あれ・傷のある作業従事者は
手洗い後、作業時必ず衛生手袋を着用します。

動画でもご紹介しております。

動画で紹介正しい手洗い方法

手洗いマニュアル

手洗いのタイミング

  1. 作業に入る時、作業が変わるとき
  2. 休憩後(トイレ、食事など)
  3. 使用したダスターを触った時
  4. 毛髪や顔に触れた時
  5. 清掃後やごみ箱に触った時
  6. 接客後、電話の応対後

手洗い前の注意事項

  • 爪は短く切っていますか?
  • マニキュアは塗っていませんか?
  • 時計や指輪をはずしていますか?

手洗い石けん液による洗浄

  1. 手全体を水で濡らす
    (水で目に見える汚れを落とす)

  2. 手洗い石けん液を手に取る

  3. 手のひら

    しわの間を洗い残さないようよくこする
    (5回以上)

  4. 手のひらで手の甲を伸ばすように
    (5回以上)

  5. 指と指の間は両手をからめて
    (5回以上)

  6. ねじるようにして、間接のしわも
    (5回以上)

  7. 手のひらでこするように
    (5回以上)

  8. 手首(しわも入念に)ももう片方の手でしっかりこする。関節のしわも

  9. 爪ブラシで洗う

すすぎ・水気拭き取り

  1. 流水ですすぐ

  2. ペーパータオルで水気を完全に拭き取る

  3. 注意1
    水気が残ったままでは、アルコールによる除菌効果が十分に得られません。水気は完全に拭き取ること。

    注意2
    手の再汚染を防ぐために、水道蛇口のレバーはペーパータオルを使って閉める。

アルコール製剤による除菌

  1. アルコール製剤を取る。

  2. 乾くまで、手全体にアルコール製剤が行き渡るようにていねいにすり込む

  3. 汚れが残りやすいところ

    汚れが残りやすいところ
    指先
    指の間
    親指の周り
    手首
    手のしわ