経営理念・社訓

四者共栄

経営理念

四者共栄

当社は、高品質・高使用価値の製品・サービスをフードビジネス業界に提供することを通じ、「取引先とユーザー」のお役に立ち、「株主と会社」に利益をもたらし、「社員とその家族」を幸せにすると同時に、「地域社会」に貢献し、社会に信頼され、発展する企業を目指す。これを一言で「四者共栄」と表す。
お客様が満足される製品やサービスのみが取引先とユーザーのお役に立ち、社会に受け入れられる。このように高い品質の製品やサービスを、継続して社会に送り出せる企業体質は、必ず株主と会社に利益をもたらし、社員とその家族に幸せをもたらす。現状に甘んずるとき、そこに停滞と退廃をもたらす。旺盛なパイオニア精神と高いモラールに裏付けられた全社員の知恵と力の結集は、企業の高い成長と地域社会への貢献を約束する。常に「四者共栄」を念頭に行動する。

自助自立

社訓

自助自立

自らの運命は自らの力で切り拓き、
自分たちの運命は自分たちで決める。
そうしてはじめて人間としての尊厳が保たれる。
この精神が企業にとって何よりの財産である。
私たちは「自助自立」の精神にもとづき、
各個人が創造的に責務を果たし、
協力しあうことに努める。

経営方針

私たちは、「四者共栄」を実現させるため、常にお客様の満足を追究し、行動する。
そのため、「品質第一主義の経営」と「真の全員参加の経営」を行う。

1. 品質第一主義の経営

高品質・高使用価値の製品やサービスでお客様にお応えすることは勿論のこと、地域環境・地球環境保全に努めると共に、業務や企業のあり方においても品質を第一とし、社会進歩に役立つ経営を行う。「品質第一主義の経営」なくして、企業の存続発展はあり得ない。よって、私たちは、すべての質の向上を目指して邁進する。

2. 真の全員参加の経営

高品質の製品・サービスの提供や高い質の業務・経営を行うことを保証するためには、お客様と社会のために何ができるか、後工程のために何ができるかを社員一人ひとりが主体的に考え、実行する仕組みを作ることが必要である。「真の全員参加の経営」の仕組みを作り、それを実行しない限り、お客様の本当の満足は、得られない。お客様の満足と信頼は、私たちの働き甲斐でもある。よって、私たちは、「真の全員参加の経営」を実行する。