求める人物像

求める人物像

一緒に、
業界ナンバーワンをめざしましょう

管理本部長
佐古晴彦

管理本部長からのメッセージ

 当社は1963年に産声を上げました。社員はわずか9名で、年の売上高は3千万円程度でした。資産はなく、信用も乏しい状態であり、資金繰りに四苦八苦していました。その後倒産を経験し、他社のお世話になった時期もありましたが、この状況を打破する力になったのは固形燃料「カエン」の開発・改良でした。
ちょうど日本経済が高度成長を遂げた時期であり、収入の増加と余暇の拡大を背景に、各地の観光地へ団体旅行客が押し寄せていました。そして、観光ホテルにおいては、私たちの営業努力と品質改良の繰り返しにより、固形燃料を使った鍋料理が続々と採用され、急速に需要が高まっていったのです。
このようにして利益を蓄積し、業容を拡大して、業務用の洗剤分野でも一定の地位を占めるにいたりました。危機を乗り越えた力は、他者に依存せず、知恵を絞って自ら前に進む「自助自立」の精神です。人間は往々にして保守的になりがちですが、その傾向を打ち破っていく必要があります。若い人たちが私たちの戦列に加わり、さらに革新的な空気を吹き込んでくれることを期待します。ご一緒に、業界ナンバーワンに向けて前進しましょう。

当社の求める人物像

「四者共栄」の理念に共感できる人

当社の経営理念は「四者共栄」。
「己の利益だけを追求するのではなく、全体の幸せを考える」。
その想いを55年貫いてきたからこそ、今があると確信しています。感謝する気持ちを忘れずに社会に貢献する企業であり続けたい、この想いに共感できる人材を当社は求めています。

四者共栄

「夢」を実現させる意欲を持った人

当社の「目標」は業界No.1企業になることです。具体的に言えば「業務用洗剤・洗浄剤市場で30%のシェア獲得、売上高200億円の達成」です。この目標は遠くない時期に達成したいと考えています。その向こう側には次の目標が待っています。 当社にとっての夢は、どの企業よりも顧客満足度が高く、従業員満足度が高く、投資家からも強く支持される会社になることです。これは会社の規模だけで決まるものではありません。仕事の質と経営者および社員の姿勢で決まるものでしょう。 あなたの夢は何ですか。 当社は自らの夢を実現させる強い想いを持ち、困難に立ち向かっていける人材を求めています。夢を追いかける力が、人を成長させ、会社を発展させる力になってくれることを心より願っています。

ら考え、ら動ける人

当社では2005年9月から風土改革プロジェクトを立ち上げ、組織風土の改革に取り組んでいます。キーワードは「自ら考え、自ら動く」。創業以来、オーナーが強力に社員を引っ張っていく社風が続いていましたが、激しく変わる社会環境に対応するためには、自ら考え信念を持ってやり遂げる意志を持った組織集団であるべきだと考えました。もちろん、単に行動力のある人を求めているわけではありません。熟考をつくしてベクトルが定まったら、チームワークを駆使して課題を完結できる人、そんな人材を求めています。